風水における北枕の意味とその効果とは?

日本では一般的に北枕は縁起が悪く、絶対にしてはならない禁忌のひとつとされています。多くの人は、子供の頃から「北枕は絶対に駄目」という教育を受けてきたかと思われますが、その理由として挙げられるのは日本が「仏教国」だと言えます。

勿論、日本には仏教以外にも神道や他の宗教が数多く存在します。しかし歴史的な背景から、日本に住む大多数の人は「仏教」を信仰しており、その影響でお釈迦様が頭を向けて入滅したとされている「北」の方角に枕を置くのを避ける風習が広まったのです。

日本ではすこぶる縁起が悪いとされている北枕ですが、風水においては逆にとても縁起が良い方角だと言われています。風水では、一般的に北に頭を向けて寝ると「体に溜まったあらゆる悪い気が流れ出る」とされており、北枕で睡眠を取ることによって心身共に健康になると言われています。

また、風水では寝るときの頭の向きを北側にするだけで金運までアップすると言われています。さらに北枕で寝ることによって心臓に負担が掛からなくなったり、地球の磁場の関係上、身体中の気の流れが良くなると共に血行まで改善されると言われています。また、地球の磁力と血中の鉄分の関係から血行が良くなることによって頭痛なども治るとされています。

風水では多くのメリットがあるとされている北枕ですが、他にも北枕で寝ることによって気の流れがスムーズになり、その影響から性格が穏やかになったり、人間関係が上手くいくという二次的な効果も期待できます。

日本では縁起が悪いのでNGとされている北枕ですが、そういった迷信に捉われることなく風水の考え方を参考に、運気アップのためだと割り切って北枕にチャレンジしてみるのもひとつの手です。